お父さんの聖地 野毛でこの地域はラスト!
おっとあとすこしで派遣担任の授業だ。まとめはあとで。

ここもよし。伊勢佐木のひとは英語好き?


ここはまあまあかな。年末の賑わい!


ここは反応よかった!

かなり見られていたやつ

☆そう、その気になる女の子は
☆20歳くらいで、「はきはき」というよりは落ち着いて
☆でも引っ込み思案という程ではない
☆静かな大学生でした。
☆英語ではなしかけましたが「日本語でもいいですか」
☆と切り出し、色々話がはずみました。

☆どうやらこの小難しいテストをもう10回も受けている様子。
☆聞くとかなりの高得点です。

☆なるほど、デキる学生さんじゃないか。
☆「でもあと今一歩目標点にとどかないんですよね」

☆そして今の彼女の話を少しですが聞けました。
☆結構名前の通った、かなりよい大学の学生だと言うこと。
☆来年交換留学に行くために今テストをうけていること。
☆今の専攻とはちがって世界のために働きたいということ。

☆なるほど。でもどうやら悩みもあるそうです。
☆「世界のために働く」とは実際にどんな勉強をしたらいいのか。
☆やはり、どうしても大学での専攻を飛び越えて
☆やりたいことがでてきてしまったようでした。

☆留学という面から(多少は経験がありますので)アドバイスしたら
☆かなり乗ってきてくれ、話がはずみました。
☆どうやらそこまでの情報や知識にまで
☆今ひとつ手が届いていなかったようなのです。
☆私も調子に乗って色々話してしまいました。

☆して、彼女はいみじくもこういいました。
☆「やっぱり留学した方がいいんですよね」
☆最終的な迷いが感じられました。

☆ 私は相手にもよりますが、このときは即答しました。

☆「絶対そう。いくべき」

☆彼女は自分なりにかなりの思考を重ねてここまで来たようにも感じられました。
☆志(こころざし)のようなものが感じられました。

☆おそらく「イヂワル」な言葉もいくつか聞こえてきたりしていたのでしょう。

☆彼女も暗闇から出てきた「英語坊主」にそんなことを言ってくれるくらいだから
☆なやんでたんだろなあ、とも想像できました。

☆今までの仕事柄、こうした学生さんと接する機会にも恵まれております。
☆その度に思いますが
☆彼女のような問いかけには、「えも言われぬ何か」
☆を感じるものであります。

☆そしてその後、覚悟した彼らのパワーは
☆周りがビックリするくらいの結果を持ってきたりするのです。

☆猪木さんではないですが「迷わずいけよ。いけばわかるさ」ってことであります。

☆本当はこうした若い女の子ともうすこし
☆おじさんは話していたかったけれど、
☆もっと質問したかったらぜひどうぞ!とビラもお渡しして
☆おわかれしました。

☆彼女はその後凄く気分が軽く
☆なったように見えました。
☆駅への道へ消えていく彼女の背中に思いました。

☆大ジョブ!なにかあったらお世話するぞ!
☆今後がたのしみだなあ、と素直に思ったのでした。

☆でもビラに書いてあったメールの宛先には
☆その後反応がないんだよなあ、。