一定期間更新がないため広告を表示しています

仕事を頂いております

大学から通知。こちらでは

学生たちの自主的な「投票」で

ベストな授業に表彰するというのがあります。

 

今年も自分の授業に「好き!」

と投票してくれた学生たち。少なからずいてくれた

ようです。

 

「学生にたくさん話させるので好き」

「リズム音読がいい」

「毎回チャレンジがあって面白い」

 

ありがとうありがとう!

 

まだまだな私ですがこれで

明日からも頑張れるよ!

 

Teacherというのは不思議なもので

本当に子供みたいです。

 

褒められれば嬉しい。

ケナされればひどく落ち込みます。

そのくせ

何もないと不安がる。

 

って私だけか、、笑。

 

また教室でのチョコッとした

失敗をずるずる

ひきずったりします。

 

上記の投票、

まあ学生からの声なので

もしかしたら

「受け」のいい先生ばかりに

集中しているかもしれない。

 

 

例えばこうした

評価に必ずしも

その先生の伝えたいことや

思いが反映されてない

かもしれない。

 

ただ嘘でもない。

 

この結果に

一喜一憂

するのも

現場に籍を置く身

としては

「?」なところが

ありますが、

私も老い先長くはないので(笑)

素直に喜ぶところは

喜ばなあかんな、と思うのです。

 

「一喜」はしても

「一憂」はしないように。

 

戒めも含め、今年ももっといい授業にしなくてはと

思いました。

 

#loveteaching

JUGEMテーマ:語学習得

 

JUGEMテーマ:ITP TOEFL

 

JUGEMテーマ:留学

 

JUGEMテーマ:学問・学校

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL