新年あけました!早速始まる授業。留学先とVideo通信で

編入用のPersonal Statementを添削、推敲。

今日のAさん。文体もしっかり。現地でも成績優秀。

だが大学からの指定した内容を規定の字数に収めて書くのには

コツが要ります。なのでここで留学職人ヒデの出番。

 

今日はどうしても長くなりそうな文章をどうやって

短くしていくか、に集中しました。

 

全般に説明過多になりがちな文がありました。

文章を読むにあたり、その文に長く付き合っていると

説得力は深まります。語数の長い文章で

書き手との親和性が深まるのでは、、と思います。

 

ですが、簡潔性質を出すのも大事。

「粘り」をとるか

「テンポ」で行くか。

 

今回は相手の学校の指定が

300ワード前後、、とAさんに

とっては短めだったので

あえて「テンポ」重視でいきました。

 

なるべく関係詞を減らして

別のアプローチで。そしてまとめて

表現できるダイレクトな動詞を。

さらにthing系統、elements系統の

便利だが具体性に乏しい単語の入れ替えを

して、、見事に500ワードを規定の300に

カット成功!

 

随分印象も軽く、かつズバッと斬りこむ

文章にできたのでは、と思います。

 

こうした授業はやればやるほど奥が深く、

講師として私も日々精進ですが

お役に立てたかと思うと嬉しいですね。

 

またVideo通信で日本のみならず、世界とも

繋がってクラスができるのが嬉しいですね!

 

#transfer

#personalstatement

#パーソナルステイトメントの書き方

#留学先でもヘルプが欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:留学

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL