一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:ITP TOEFL

JUGEMテーマ:語学習得

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

少し授業がお盆に入りスローになってきました。

ようやく1学期や前期のことが落ち着いて考えられるようになりました。

 

幾つか気がついたことがあります。

 

やはり大事なのは楽しそうに授業することでありましょう。

 

本年も午後イチ、つまりランチ後、つまり一番眠くなるクラス

の時間帯もいくつか頂きました。

 

私のモットーとしては

「寝てる暇ないクラス」なのですが

時に授業の内容上

「寝てる暇ないはずなのに」になる時もございます笑

 

ただそうした時、(語学)講師が陥る

罠は「この内容が悪いのではないか」

「もっと違うパートにした方がいいのではないか」

とか別のオルタナティブを求めてしまうことなのではないかと

感じたのです。

 

無論、臨機応変にアクティビティや話に緩急つけることは

大事ですが、それよりも

 

「楽しそうに授業する」

 

に尽きると思います。上記オルタナティブも基本はこの原則。

 

一気に起こすような、相手の背中に冷水を浴びせるような

こともたまにはいいかなと思いますが、

そうした策やアイデアがどうしても瞬時に出ない、

そんな時は

せめて

 

「笑顔」

「熱」

 

に頼るしかないでしょう。

 

本年度のいくつかの「難局」も笑

これで乗り切りました。

 

じわじわと学生の熱が上がってくるのがわかると

インパクト中心のクラスとは違った

ものが感じられるようになりました。

(無論インパクト中心が悪いのではありません。

バランスかと思います)

 

いつでも教えることに楽しくありたいものです。

 

1