JUGEMテーマ:TOEIC攻略


先々週、千葉の某大学様で
TOEIC授業したことはこちらで
お書きしました。 

その時の学生Tくん。授業の最後に
自習用プリントを配ったのですが
チャレンジして送付してくれました。

早速添削してお戻ししました。

TOEIC、どの皆さんも「似て非なる単語群」
で苦労されてますね。Tくんも然り。

なるべく分かりやすく解説して
返却しました。

これだけ今まで添削やら何やらやってても
またまた自分で説明を書くときには
あらためて疑問が生じたりします。

今回は" to 不定詞”か”動名詞”か?
改めて考えると相当奥が深い。

「既知」×「未知」。

一つ分かったのは英語で説明しているサイトに行ったりすると
ややクリアな説明に多くぶつかったことでした。

またネイティブスピーカーと言えど
間違えたり悩んだりするのだなあ
とも分かりました。

添削道、、、これも奥が深い、、。
JUGEMテーマ:外国語学習

 
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

お仕事を頂いております大学で今週もTOEIC。先週は
驚きの270円弁当シリーズで皆様に楽しんで頂きましたが
今週はそれほどの驚愕感のあるもの、、まだ出会っておりません笑。
先週とは別校舎でのクラス。横浜から2時間程かかりますが
非常に楽しんでクラスをしております。

先週金曜から始まりましたこのコース。

いつも授業、通例スタートはオンリー英語、しばらくしてそのコマの中で
よき折をみて日本語に切り替える、また戻る、
ということをしております。

こうすれば「良きバランスがたもてる」と。

自分のような日本人の講師に依頼がくるのは
「学生の理解力増強」ということも大きいし、、。

しかし、先週はやや暴走。

初回から全部オールイングリッシュで通しました。割と強引に。

なぜならオンリー英語で通していたら
学生がすごく食いついて来たからです。

多分、「日本人に見えるがそうでない可能性も否めない東洋人」と見られていたようです(後で学生が言っておりました)。

私も経験上「教壇でそんな風な人に見える英語」を話す事はできます(笑)。

そして学生達の食いつきテンションをさげるような事はしたくなかったのであります。

ただクラス後のリアクションカードは半々。
(「私は日本語も読めるので日本語で書いていいよ」と英語でそれらしく
指示をだしておりました)

「全部英語新鮮!」とか
「こういうのを待ってた!」というのと
「すみません。説明の英語はやすぎで、、」というのと。

特に理科系の学校ですので、こうした雰囲気で
TOEIC!というのも無かったようでした。

よし。では「新鮮派」を尊重してぐんぐん英語で通してしまえ!というのが
信条なのですが、「一人もおいていかないぞ」も信条です。

やはり心細そうな学生もいたし、2日目のクラス、たまに理由無く
全体のボルテージも下がる時もあります。

そんな時、途中で「ぱちん」とチェンジして日本語でクラスしました。

全体から「ああ、やっぱり日本人だったんだ」というそこはかとない安堵感。

で、ところどころ日本語を挟みつつのクラスに。短期集中講座でよくある
「2日目クラス全体なぜかテンション下がって不調。以降坂をころげるようにぼろぼろ」
というジンクスは突破しました。

ですが後からのリアクションカードでは「もっとぶいぶい英語で通してください」という意見も。

と思えば
「すこし日本語が出て来てやっと安心しました。分からないところも分かりました」
とも。

なるほど。色々だ。

「食いつき」のよい学生たち。この気持にもっと火をつけなければならない。

ただそれ以外の学生。彼らなりの「火」をつけさせなくては。


教育学者ウイリアムワード述べましたが(前にも書いたかも)

”凡庸な教師はただしゃべる。よい教師は説明する。すぐれた教師は自らやってみせる。そして、偉大な教師は心に火をつける”


明日も勝負、です!





 


四日間の出張TOEIC講座。葛飾にある大学様で実施いたしました。

朝早くから学生達も頑張りました。

そして最終日、終了のアンケート実施。
質問の一つに「この授業は希望どおりでしたか?」に
「希望どおりでなかった」の欄にマークした学生が!

「おお、一大事!」と思いました。
ですが、その理由のコメント欄に、

「ここまで適確なアドバイスが頂け、希望をはるかに超える内容でした。ありがとうございました!」と!

ほっとすると同時に、はあ〜やってて良かった!と喜びました。

明日からはまた別の場所で実施です。こっちもがんばります!

以前のブログでもおつたえしました、600点越え(スタート1ヶ月後)を果たしたY君(大学院受験のため来校)。またまたやってくれました!

まずこの写真が1年程前の4月頃。PTMにちょっと通ってくれましたが、わずかに通っただけでした。
その後1年間英語から離れていたY君のスコアがこちら。




そして本年思い直して再び弊社に!
2015年 4月再来校、そして週1回の特訓でしたが1ヶ月後(5月)には、、!



そしてノリに乗って受けた6月のテストは、、!




見事な700点越え!本人は「直前でガンガンリスニング特訓をしてもらったのと文法+読解特訓が効き目あったみたいです!」と感想を述べてくれました。一生懸命頑張ったものね!

これで英語に関しては一安心。理系の専攻ですが、後は専門科目頑張るだけですね!負担も随分軽くなったようです!
やったね!

こうしたTOEIC訓練、平日•土曜•日曜コース、出張コースなどございます。ご興味のある方、ご質問(どんなスタイル?システム?雰囲気?などなど)のある方、どんどんお問い合わせ下さい。メールはこちらから。またお電話でのお問い合わせも受け付けております。お気軽にご連絡ください!










JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

お世話になっております、ヒデでございます。

さてこちら、いよいよ明日でございます!


明日は第3回、そして月曜には第4回が!

高得点を目指してがんばる、でも千里の道も一歩から。無料です。力がつくように私もがんばります!
よろしければ受講ください。無料です!
受講してくれていました、社会人学生Nさんから、
「早稲田大学の大学院受かりました。博士課程始められます」と、嬉しいお知らせ。何しろ英語力足らず、で駆け込まれてきたときから100点以上アップ!
やりましたね!ステッカーお送りします!
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

よかった!先ほどアップした中の
◆TOEICある一定の点越えないとまずい」後が無い学生さん、、
見事突破しました。30点以上アップ!
直前駆け込み講座も含めてがんばりましたね!
おめでとうございます!
JUGEMテーマ:留学
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

昨日は今年初の授業でした。TOEICハイスコアを目指している学生さん達ということ。
先生方の中には「ちょっとハイスコアばっかり目指している人たちは自分のカテゴリの学生では無いわ、、」という方もおられます。言葉は悪いが「やはり出来ない子ほどかわいい」というか、、。すごく分かります。基本私も(男なのに)「母親系」教師と自認しております(苦笑)。

そして皆さんおっしゃいます。「先生もこれだけ長くやってるんだから緊張なんかせんだろう、、」と

いやいや。そうでもないんです。

そもそも「どんな学生でも、不安をもって教室にくる」
「だから、誰でもその不安を取り除かなくてはならない」

とは昔お世話になった先生の言葉。

相手も緊張してるんだし、、と思うとやや心は軽くなりますが
なぜかそれほど心はすっきりとはなりません。今度は別種の「緊張」が私を襲います。

この別種の緊張。どのクラスにもございます。

私の学生には毎週顔を併せる学生もおります。またはクライアントである学校様や他の事業体の皆様の
ご依頼で「一期一会」またはスポットの学生•受講生で「三から五期三から五会」という方々もおられます。
クライアント様の利益になるようにもするのが努めでありますので、「良きクロージング」で授業をフィニッシュし、次につなげる「使命」もございます。

そんな時、クラスを上手くやろう、やろうと思うと余計にカタくなったりもします。
が、一番のポイントは生徒•学生•受講生が満足して帰ること、ですので緊張は「よき緊張」としてそのクラスを上手く進めてくれる事になれば、これは大歓迎な事なのであります。

いままでのクラスもこうした「よき緊張」が多くの急場を救ってくれました。

「緊張しているとき」はクラスの中でかなり全身の神経が良い方に向いております。教室で前に立っている先生、
そして「よき授業」をしている先生はきっとかなりアドレナリンが放出されているのでしょう。そうした先生の緊張から来るエネルギーは教室内の細部にも目が行き届き、学生の反応にも即座に対応し、ぴりぴり〜きびきび〜にこにこな感じになっているのだと思います。

例えば資格試験でハイスコアを目指している学生さん相手ならそれなりに自分も「ハイスコア」な先生、チャレンジングな教材、高度なやり方で「打って出なければ」と思う緊張があります。本日私の授業も教室に入った瞬間に、それまでの教案の一部(というか全部ですが)彼らの「気」を感じ「おっと説明も何も全部英語で通そう」と方針を即座に変える事にしたのでした。私のような日本人が配置される意味は「日本語で説明の出来る先生」という側面も多かったのですが「あと一押しで目標点」のような学生にはかえって「逆のやり方」もマッチする事がございます。

結果3時間、すごくいい雰囲気で出来ました。受講生も「英語の方が却ってよかった」と後で述べられておりました。

これが、初級の学生達ならば、やはり噛んで含めるような、どこから見ても分かる
説明でなければならない。これもある種「よき緊張」を伴うことなのであります。

今日もその点では、どうにか合格点がでるくらいには出来たかもしれませんがが、まだまだ道は長いのであります。「びりびりきびきびでにこにこ」が結論でございます。笑
JUGEMテーマ:語学習得

さて4日になりましたが
今日から私ヒデも遅まきながら始動しております。今年授業の
始めは、新宿にある英語学校様での授業。それもふって湧いたような
授業でございます。かなり英語力のある社会人の受講生さん達だそうです。
ぜひ彼らの求めに応じられるよう頑張って参ります。

 

JUGEMテーマ:留学
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

さてまたやらせて頂きました、Schoo
主催、グロービックさんとの協同で
行いました、TOEIC web TV「まずは500点講座」!

2回目、となると前回より分かりやすく
前回より手際よく
前回より、、前回より、、
と色々考えて本番を迎えましたが

本番になるとそうした「小さな考え」は
どこかに行きますね。

学生/受講生の皆さんと共に
学ぶ、、の精神で行けば
そこから先、授業は自分の手を離れて
転がっていくものだ、、と改めて感じました。

日々是精進!次回もがんばるぞ!